クレジットカードを知ろう

クレジットカードを知ろう - クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードを知ろう

日本でのクレジットカード発行枚数は、現在3億2,352万枚になっています。
成人人口比でみると一人当たり3.1枚所有していることになります。
これほど多くのクレジットカードが利用されています。
今でも毎年少しずつカードの発行枚数は前年よりも、伸びているという状況です。

クレジットカードを持っていることのメリットは、第一に現金を持っていなくても買い物や飲食ができるということでしょう。
多額の現金を、持ち歩かなくてもいいということも助かります。
カード会員だけのサービスが多くあります。
ホテルやレストランの予約や優待サービス、各種チケットの優先予約など優先的に扱ってくれたり、割安になったりと多様なサービスが付いていることで、使い道が多くある訳です。

特に海外旅行などでは、カード会社によっては旅行中の事故やケガ、買い物した品物の破損や紛失に対して、保険が掛かっているカードもあります。
ネットでのショッピングにも欠かすことが、できないのはクレジットカードです。
カードによる買い物に付帯するポイントで次からの買い物にポイントを使って役立てることができます。
そういった利得性があるのもクレジットカードの大きな魅了となっています。

クレジットカードは持つ人の信用を、表すという点でも便利です。
カード会社が発行するカードの種類によって、使う人のステータスが判断できるようなカードもあります。
現金と違い、お金を手に取ることがないので使い過ぎてしまうという評価もありますが、計画的に利便性を重視して使用することで、思わぬ価値を得ることができるようです。